読書感想文の書き方 小学生の低学年用の例文をまとめてみた。

読書感想文の書き方 小学生の低学年用の例文をまとめてみた。

読書感想文といえば夏休みの宿題の定番ですよね。

本を読むのに慣れていない小学生の低学年の子にとって読書感想文って結構大変ですよね。

何を書いたらいいのかわからない。

そんな子供たちの為に、本別に読書感想文の例文を考えてみました。

ぜひ夏休みの読書感想文の参考にしてみてください♬

スポンサーリンク

読書感想文の書き方 小学生の低学年用の例文集

読書感想文の書き方 小学生の低学年用の例文集です。

随時追加していきます。

もし他の本も例文を考えてほしいということでしたらコメントで本の名前を教えてください!

かわいそうなぞうの読書感想文の例文

戦時中のお話です。

爆弾が動物園に落ちて、動物たちが町中に暴れ出しては大変と、動物たちは次々に毒殺されていきました。

とうとう、人気者のぞうのみとなり・・・。

かわいそうなぞうの読書感想文の例文については「かわいそうなぞうの読書感想文の例文」をどうぞ。

かわいそうなぞうの読書感想文の例文を考えてみた!夏休みの宿題の参考に! かわいそうなぞうの読書感想文の例文を考えてみた!夏休みの宿題の参考に!

スイミーの読書感想文の例文

小さい赤魚の兄弟たちの中で1匹だけまっ黒の魚のエイミー。

大きなマグロがやってきて、兄弟たちを飲み込んでしまいます。

ゆいいつ逃げられたスイミーは独りぼっちで海の中を泳ぎます。

クラゲやいそぎんちゃくなどいろんな生き物にふれていると、スイミーにそっくりな小さな赤い魚たちに出会います。

しかし小さな赤い魚たちは大きな魚に食べられるからと岩陰から出てきません。

そこでスイミーが考えたこととは…。

スイミーの読書感想文の例文については「スイミーの読書感想文の例文」をどうぞ。

スイミーの読書感想文の例文を考えてみた!夏休みの宿題の参考に! スイミーの読書感想文の例文を考えてみた!夏休みの宿題の参考に!

ごんぎつねの読書感想文の例文

山の中にごんぎつねという狐がいました。

ごんは独りぼっちだったが畑を掘り散らかしたり、つるしたりといたずらが大好きでした。

ある日魚をとっている兵十を見かけ、こっそりかごに入っている魚を逃がしてしまいます。

十日ほどたって兵十の母親が死んだ事を知ったごんは、自分の逃がした魚を母親が食べたかったに違いないと後悔します。

そのあとごんが行った行動とは…。

ごんぎつねの読書感想文の例文については「ごんぎつねの読書感想文の例文」をどうぞ。

ごんぎつねの読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に! ごんぎつねの読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に!

スポンサーリンク

ふたりはともだちの読書感想文の例文

ふたりはともだちにはかえるくんとがまくんという2匹のカエルが出てきます。

ある夏の日かえるくんが病気で倒れてしまいます。

そんなかえるくんが心配で看病に来たがまくん。

かえるくんから「ひとつお話をして」と頼まれます。

しかしがまくんはなにを話せばいいのか思いつきませんでした。

ぶらぶらしたり逆立ちしたりして一生懸命かんがえるガマくんですが…。

ふたりはともだちの読書感想文の例文については「ふたりはともだちの読書感想文の例文」をどうぞ。

ふたりはともだちの読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に! ふたりはともだちの読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に!

おこだでませんようにの読書感想文の例文

小学一年生の「ぼく」はいつも怒られています。

妹を泣かせたり、友だちに先に手を出したりして、お母さんにも、学校の先生にも怒られます。

本当は誤解なのに。本当は褒められたいのに。怒られると「ぼく」は何も言い返さずに、黙って横を向きます。

言い返したらもっと怒られるかもしれないから。

そんな「ぼく」は学校の授業で七夕の日に、短冊に「おこだでませんように」と書いたら…。

おこだでませんようにの読書感想文の例文については「おこだでませんようにの読書感想文の例文」をどうぞ。

おこだでませんようにの読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に! おこだでませんようにの読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に!

にじいろのさかなの読書感想文の例文

じいろのさかなはプライドが高くじいろのウロコが自慢です

周りの魚はにじいろのウロコを欲しがります。

しかしにじいろのさかなは1枚たりともあげたくなく欲しがるさかなにウロコをあげませんでした

段々周りの魚がにじいろのさかながウロコを1枚もあげないことに対し意地悪だと思われてしまいます。

ついには周りの魚はにじいろのさかなから離れていきました。

みんなが離れていてしまって独りぼっちになったにじいろのさかながとった行動とは…。

にじいろのさかなの読書感想文の例文については「にじいろのさかなの読書感想文の例文」をどうぞ。

にじいろのさかなの読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に! にじいろのさかなの読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に!

はじめてのおつかいの読書感想文の例文

五歳のみぃちゃんは、赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんのために、初めて牛乳を買いに行きます。

初めてのおつかいで胸がドキドキします。

お使いに行っている途中に転んだり、お友達に出会ったりしながらそれでもおつかいを頑張ります。

お店についてもどきどきして、なかなか大きな声で「牛乳ください」と伝えられません。

それでも勇気を出してお店の人に伝えます。

みぃちゃんは無事、お母さんとのお約束を守って初めてのおつかいを成功できるのか…?

はじめてのおつかいの読書感想文の例文については「はじめてのおつかいの読書感想文の例文」をどうぞ。

はじめてのおつかいの絵本の読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に! はじめてのおつかいの絵本の読書感想文の例文を考えてみた!宿題の書き方の参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください