小学1年生の夏休みの自由研究でおすすめは?親が手伝うのはあり?

初めての夏休みを迎え、ウキウキしていると思います。

ですが、夏休みと言えば宿題。

その中でもパパやママの頭を悩ませるのが、自由研究だと思います。

他の宿題に比べると、ちょっと大変だと思います。

今回は自由研究のやり方やオススメと、親が手伝っても問題ないのかについてまとめました。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

小学1年生の夏休みの自由研究はなにがいい?

初めての自由研究は親も子供もどうやってすれば良いのか分からないと思います。

自由研究は

研究テーマを決める

どんな方法で調べるかを決める

結果を正確に記録する

という流れで行います。

いきなり研究と言われると難しいなと感じてしまうかもしれませんが、

これってどうなるんだろう?、なんでこうなるんだろう?と思うことをテーマにしてみましょう。

自分の興味のあることを調べてみて、こうだったという結果を子供自身が出すことが自由研究です。

花の成長過程を毎日記録したり、工作をすることだって立派な自由研究です。

なので、親が「これを、自由研究するぞ!」っていう形で決めるよりも、子供が「やりたい!」と思ったことをさせることが大切です。

私も小学校低学年の時に、親から進められた自由研究をやりましたが、意味が全く分からず、自由研究の発表の際も周りと比べると内容が難しい内容になっていた思い出があります。

子供にYouTubeや本や工作キットの中から好きな物を選ばせてあげるなどの、やりたいと思う気持ちを大切にしてあげてください。

夏休みの自由研究で小学生におすすめは?

小学校1年生でもできるおすすめの自由研究をご紹介します!

研究編

栽培してみる

夏休み中に咲く花や野菜などを種から育ててみましょう。

花だとあさがお、ひまわりなどがオススメです。

野菜は、オクラやミニトマトなどの夏野菜が良いですね。

その過程を毎日観察して、その成果を写真や絵で発表しましょう。

育てた後は調理したり、押し花にしてみるのも良いと思いますよ。

準備する物

花の種
植木鉢
色鉛筆
ノート
カメラ など

明日の天気を考えてみる

明日の天気を考えてみましょう。

どんなときに雨が降るのか、考えるのも楽しいですよね。

予想した天気と結果がどう違ったのかをまとめましょう。

準備する物

ノート
カメラ
色鉛筆 など

動物の観察

身近に生きている動物を観察してみましょう。

ペットを飼っているご家庭は、お昼寝の時間や好きなおもちゃ等がどんな物なのか調べてみても良いですね。

また外にいる、蝉やアリもオススメです。

私の子供は、アリが集まりそうな食べ物は何かについて研究していました。

準備する物

動物
食べ物
紙コップやお皿
ノート
カメラ など

工作編

紙粘土で作ろう

紙粘土で好きなように作りましょう。

作ったときに何でそれを作ったのか、作るときに大変だったことなどをまとめましょう。

動物や鉛筆立て、写真立てなど作る子が多いです。

準備する物

紙粘土
絵の具
ノート など

泥だんごを作ろう

公園に行って泥だんごを作ってみましょう。

どうやったら上手く丸められるのか、ピカピカにできるのかを考えることができますね。

またネットなどで泥だんごキットが売ってあるので、利用するのもオススメです。

準備する物



新聞紙
絵の具
ノート など

卵の殻で貼り絵

少し凝って、卵の殻でしてみませんか?

卵の殻に色を塗って、自分で書いた絵や塗り絵の上から貼りましょう。

完成した後、周りに貝がらなどで飾り付けをするとおしゃれです。

準備する物

卵の殻
木工用ボンド
ピンセット
貝がら
画用紙や塗り絵
絵の具
ノート など


スポンサーリンク

夏休みの自由研究は親が親が手伝うのはあり?

結論から言いますと、小学1年生の自由研究は手伝ってあげてください。

ただし、全部はダメですよ。

出来る部分は子供がやり(色付けや絵を描くなど)、作業的に難しい場面は親が手伝う。

あくまで子供が自分でやる事が大切です。

子供と話し合って、大人が寄り添ってあげることが自由研究だと思います。

小学生夏休みの宿題は親はどう関わる?子供を手伝う?しない場合は?

私の子供が1年生の時、担任の先生から家族で一緒に行ってくださいと言われました。

実際夏休み明けに見に行ってみると、完成品は子供だけでやった??と思うほど完成度が高い物が並んでいましたよ(笑)

まとめ

いかがでしたか?

研究などは日常生活に身近なものをテーマにすることで、日数が掛かりますが一年生でも取り組みやすいと思います。

また工作は物が残るので、夏の思い出の一品になりますよ~!

子供がしたいと思ったものをパパ・ママが手伝ってあげることが大切です。

オススメの自由研究をぜひ参考にして、楽しみながら取り組みましょう。



スポンサーリンク