梅雨に関する記事はコチラ

自由研究の紙粘土貯金箱の作り方!コツとひび割れ対処法について

自由研究の紙粘土貯金箱の作り方!

小学生の夏休みの自由研究の定番と言えば貯金箱ですよね。

いろいろ作り方がありますが、今回はペットボトルと紙粘土を使った貯金箱の作り方をご紹介します。

ペットボトルを使うことで小学校1年生でも簡単に作ることができますよ!

もちろん、1年生だけでなく2年生~6年生の夏休みの宿題としてもオススメです。

スポンサーリンク

自由研究の貯金箱の作り方

用意する物

ペットボトル 1本
紙粘土 適量
絵の具 好きな色
カッターナイフ 1つ
水 少し
リボン

仕上がりをキレイにしたい場合
ニス
やすり

注意
自由研究の紙粘土貯金箱

今回はダイソーのふわっと軽いねんどを使用します。

これは元々色がついているので、簡単に貯金箱を作ることができます。

もし白色の紙粘土しか手に入らない場合は、絵の具を少し混ぜて好きな色を作りましょう。

作り方

まずテーマを決めましょう。

子供が好きな物を選ぶと良いと思います

人気のテーマ
恐竜
ぶた
ねこ
いぬ
ワニ

他にはアニメのキャラクターなどもいいですね!

今回はブタをテーマに作ります。

ペットボトルに穴を開けます

自由研究の紙粘土貯金箱

 

カッターナイフを使いお金が通る穴を開けます。

500円玉が入るほどの大きさの穴をあけましょう。

大体5ミリくらいで、実際に500円玉を通して見ると良いと思います。

この作業は固くて危ないのでママやパパに頼みましょう。

紙粘土をこねます

自由研究の紙粘土貯金箱

紙粘土を良くこねます。

このとき乾燥が気になったら水を少し混ぜましょう。

くっつけていきます

自由研究の紙粘土貯金箱

紙粘土をペットボトル全体にくっつけていきます。

お金を入れる穴の所は空けておきましょう。

水でキレイにします

自由研究の紙粘土貯金箱
自由研究の紙粘土貯金箱

ペットボトル全体に紙粘土を付けるとぼこぼこになるので、水を指につけてキレイにしていきます。

耳を作っていきます

自由研究の紙粘土貯金箱
自由研究の紙粘土貯金箱

少しとって三角にします。

親指でぎゅーっとおして、耳の形を作ります。

これを2つ作ります。

耳を本体にくっつけます

自由研究の紙粘土貯金箱

ぎゅーとみみを本体にくっつけ、裏と表を水で慣らしていきます。

少しずつやるのがポイントです。

2つ目を付けるときはバランスを見て付けましょう。

※お金を入れる穴が開いている方が上です。

しっぽを作ります

自由研究の紙粘土貯金箱
自由研究の紙粘土貯金箱

すこし紙粘土をとり、細長くします。

それをねじるとしっぽができますよ!

くるんとしたしっぽを作りましたが、真っ直ぐのしっぽでも良いと思います。

しっぽを本体にくっつけます

自由研究の紙粘土貯金箱

くるんとしたしっぽの片方を本体にぎゅっとくっつけて、水で慣らしていきます。

雑に扱うと、折れることがあるので、ゆっくりくっつけましょう。

足と手をくっつける

自由研究の紙粘土貯金箱

4つずつ同じくらいの紙粘土の量を使用します。

バランス良く足と手の位置に付けていきます。

乾かします

自由研究の紙粘土貯金箱

全部のパーツをくっつけたら、乾かします。

大体1日以上乾かすようにしましょう。

日陰で風の当たらない所でゆっくり乾かしましょう。

目と鼻をかきます

自由研究の紙粘土貯金箱

今回はダイソーのグラスペイントを使用しました。

グラスのようにキレイに仕上がりますよ!

バランス良く目と鼻をかきます。

アクセサリーをつける

自由研究の紙粘土貯金箱
自由研究の紙粘土貯金箱

これは好みですが100円均一に売ってあるリボンを付けてみました。

可愛くなりました~♪

スポンサーリンク

紙粘土貯金箱のコツ

まずはしっかり練ることが大切です。

そしてペットボトルに均等な厚さでくっつけるように心がけましょう。

作っている最中に乾いてやりづらいときは霧吹きボトルを使用し、途中に手や粘土に水を掛けて湿気を与えましょう。

最後に木のしゃもじなどで叩く事で粘土が締まり、ヒビが入りずらくなります。

そして乾かすときにはティッシュをかぶせておきましょう。

耳やしっぽや、手足を作るときにヘラを用意すると作りやすいと思います。

また乾燥後に、やすりで削りニスを塗るとキレイに仕上がりますよ!

紙粘土の貯金箱がひび割れしたら

乾燥させたときにひびが入ったら、その場所を指や筆などに水をつけて紙粘土を薄く塗り込むようにしましょう。

上手く埋められないときは、カッターでヒビを彫って広げて埋めるとキレイになります。

しかし作業的に小さい子だと難しいのでママやパパが手伝ってあげましょう。

そしてまた乾かし、ヒビがなくなるまでこの作業を繰り返しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

紙粘土で貯金箱を作ることで、子供の好きなデザインにすることができます!

さらにペットボトルを使うことで簡単に作ることができます。

作った後は、お金の管理を楽しく学ばせるのも良いですね。

ぜひ参考にして作ってみてくださいね。

スノードームの作り方はこちら

風鈴の作り方はこちら

写真立ての作り方はこちら

自由研究のまとめ方や用紙、コツについてご紹介!

スポンサーリンク