焼き芋の美味さが復活する温め直し方はこれ!

焼き芋の美味さが復活する温め直し方はこれ!

焼きいもの美味しい時期がやってきましたねー。

しかし後で食べようと思ったらいつのまにか冷めてしまったということもありますよね。

そこで、そんな時におすすめ。

冷めてしまった焼き芋を、美味しく温め直すにはどうしたらいいのか?

その方法をご紹介しますので、これからの季節に是非ご活用ください。

関連記事さつまいもを美味しく食べられる絶品メニュー集

スポンサーリンク

焼き芋のおいしさが復活する温め方

焼き芋冷めたのが美味しくないというわけでもないのですが、温かいのに比べると…。

若干の物足りなさを、感じてしまいますよね。

焼き芋を温め直すと聞いて、パッと浮かぶ方法はなんですか?

トースターや電子レンジで、温め直すことでしょうか。

どちらも家庭にあるものですから、これらを使う方法は簡単にできそうですね。

まずは、この2つを使う方法からご紹介しましょう。

電子レンジを使った焼き芋のおいしさが復活する温め方

1.ラップをかけずお皿にのせます。

2.2~3分温めます。

ポイントはラップをかけないところです。

ラップをかけたまま温めると、水分が出てきて芋がベチャベチャになってしまいます。

ベチャベチャになったのは、焼き芋っぽくなくなりますよね。

ホクホクな焼き芋を楽しみたい人は、ラップはかけずに温めましょう。

しっとりさせたい人は、ラップをかけて調節するといいと思います。

また、温め加減は大きさによって変わります。

様子を見ながら時間を調節してください。

トースターを使った焼き芋のおいしさが復活する温め方

1.塗れたキッチンペーパーで包んだ上から、アルミホイルでしっかり包みます。
2.トースターに入れて5~6分低温で温めます。

これが一番焼き立てに近くなります。

キッチンペーパーは、ホクホク感を確実に残すためです。

また、温めた後にアルミホイルなどを外して、表面を焼くと…。

外はパリッと中はホクホクに仕上がります。

低温で温めないと、焦げてしまう事があるので温度には注意してください。

トースターの方法は、オーブンや魚焼きのグリル・フライパンにも使えます。

使う機器によって時間が変わるので、様子を見ながら温めてください。

スポンサーリンク

焼きいもの美味しいアレンジレシピ

温め直してみたけれど、昨日も食べたし…。

と、食指が伸びなくなったその時は美味しくリメイク!です。

焼き芋をアレンジして、美味しく食べきりましょう。

さつまいも餅

材料

サツマイモ…250g
片栗粉…大さじ1~2
砂糖…大さじ1
バター…適量
お好みでスライスチーズ(溶けるタイプ)…適量

作り方

1.焼き芋をフォークやスプーンで潰します。
2.片栗粉と砂糖を入れて、混ぜ合わせます。
3.一口大に丸めたら、バターを溶かしたフライパンで両面をこんがり焼きます。

チーズは焼く時にのせて、パリッと焼いても美味しいですよ。

さつま芋とクリームチーズのデパ地下サラダ

材料

サツマイモ…250g
クリームチーズ(ペーストタイプ)…大さじ2
コーヒーフレッシュ・牛乳…5g入りを4個もしくは牛乳は20㏄
マヨネーズ…大さじ2
粒マスタード…小さじ1~2
メープル…小さじ1
塩…適量
黒コショウ…適量(たっぷりめが美味しい)
ウィンナー(ベーコン)…4本
お好みでハチミツ・レーズン…適量

作り方

1.焼き芋を潰します。加減はお好みです。
2.クリームチーズ・コーヒーフレッシュ
マヨネーズ・マスタード・メープル・ハチミツを混ぜます。
この時に、塩・黒コショウを味見しながら入れていきます。
3.ウィンナーを斜め薄切りにして、軽く炒める。
4.芋にウィンナーとレーズンを混ぜて完成です。

クラッカーに乗せたりしても、オシャレですね。

またクリームチーズを塊が残るように混ぜると、塩味がきいて美味しいです。

焼き芋の美味さが復活する温め直し方のまとめ

これで焼き芋を食べきれずに余らせても、次の日に美味しく食べられますね。

これでいつ、焼き芋屋さんが家の近くを通っても安心ですね。

サツマイモは大好きですから、私も美味しくたくさん食べたいです。

今回紹介したレシピは2つですが、まだまだたくさんのアレンジレシピはあります。

デザート系から、オカズになるものまであります。

自分で試してみるもよし、レシピを探すもよし、です。

普段の料理のじゃがいもを、焼き芋に変えるだけでも美味しく食べられます。

自分のオリジナルの焼き芋レシピを作るのも、楽しいと思いますよ。

すでに火が通っているので、何を作るにも簡単に作れます。

皆さんで挑戦してみてくださいね。

大量のさつまいもを長持ちさせる保存方法についてはこちら↓

大量のさつまいもを長持ちさせる保存方法や期間の目安についてご紹介 大量のさつまいもを長持ちさせる保存方法や期間の目安についてご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください