まだ献立に悩んでいるの?詳しくはコチラをクリック>>

浴衣で準備するものと最低限必要なものは?着付けで代用できる品も!

夏と言えば、お祭りや花火大会ですよね。

今年は浴衣を着ていきたいと思ったけど、何を用意すればいいのか分からないと悩んでいませんか?

キレイに着るためには、浴衣セットだけでは物足りないことがあります。

着用する当日になって困らないように、今回は浴衣を着るために必要な物をまとめてみました。

これを読めば、無駄な買い物をせずに全て揃いますよ!

是非参考にしてください。

スポンサーリンク

浴衣で準備するものとは?

浴衣って、浴衣と帯と下駄だけ買えば良いんじゃないの?

と思っている方もいるでしょう。

実はそれだけだと足りないのです。

浴衣に必要な物と小物についてご紹介します。

浴衣

これがないと始まりませんよね。

安物でも問題はありませんが、透けやすいものもあるので注意が必要です。

選ぶ際は丈の長さでは無く、腕の長さで決めましょう。

浴衣は自宅で洗濯できる?

半幅帯や、へこ帯、作り帯があります。

作り帯はもともと作ってあるので、初心者でも着付けが簡単です。

アレンジしたい人は、半幅帯かへこ帯を選びましょう。

下駄

自分の足に合うのものを購入しましょう。

履き慣れていないと足が痛くなることがあるので、事前に慣らしておきましょう。

下駄の鼻緒が痛い対策は?正しい履き方と痛くならないグッズを紹介!

下着

ワイヤーが入っているブラジャーをつけると、

浴衣のシルエットに影響があるため、

スポーツブラか和装ブラなどの

ノンワイヤーのものにしましょう。

浴衣用肌着

浴衣が透けてしまったり、

汗でベタベタになるのを防ぎます。

和装専用のものが売っています。

浴衣の汗の対策の方法!

腰紐

最低でも2本は用意しましょう。

腰の部分で1本、胸の下で1本結びます。

浴衣をキレイに着るには必需品です。

帯板

帯の前側を、まっすぐに見せることができます。

夏場は暑いため、メッシュタイプが人気です。

伊達締め

着崩れ防止で使い、後姿がきれいになります。

後ろがキレイになるため、帯も結びやすくなります。

タオル

体の凹凸を無くすために使います。

浴衣はメリハリボディではなく、真っ直ぐの方が美しいです。

ウエストなど細いところに巻いて、腰紐で固定します。

髪飾り

ヘアアレンジには欠かせない物です。

大きめの花やキラキラしたヘアピンなど

浴衣に合ったものを選びましょう。

帯留め

帯を固定する物ですが、

着物を引き立たせる物としても使えます。

季節のモチーフや鳥や猫などいろんな種類があります。

巾着

財布や鍵などを入れるバックです。

最近ではかわいいものから大人っぽい物まで

様々なデザインがあります!

浴衣で最低限必要なものは?

浴衣に必要な物を紹介しましたが、

全部揃えてしまうと、結構な金額になります。

この中でも、着付けをする際に必要最低限の物を紹介します。

・浴衣
・帯
・下駄
・腰ひも2~3本
・タオル2~3枚
・下着
・肌着

たったこれだけで着ることができます。

浴衣の下のインナーは汗をかくため必ず着ましょう。

浴衣の汗の対策の方法!

タオルも体型補正のために必須です。

コレさえ揃えることができれば、暑さ対策や着崩れ対策もできます。

他の物は必要になったら、少しずつ買い揃えるのが良いと思います。

セット物のでおすすめは?

浴衣、帯、下駄がセットで購入できます。

帯の色も選ぶことができるので、自分の好きなようにカスタマイズできますよ。

肌着や腰ひもなどの小物がセットで入っていますので、

浴衣セットと一緒に購入すれば、必要最低限のものが揃います!

スポンサーリンク

浴衣の着付けで代用できるものは?

肌着

上はキャミソールタンクトップなどで代用できます。

衿からはみ出ないような、大きく開いたものがオススメです

下はペチコートステテコを着ると足が汗でベタベタになりません。

浴衣の汗の対策の方法!

腰ひも

ストッキングを巻いたり、

余ったTシャツシーツなどを細く切って代用できます。

下駄

足が痛くて下駄を履くのが苦手という人もいます。

サンダルを履く人も増えていますね。

歩きやすいですし、浴衣の側に合わせた物を選ぶとおしゃれに見えます。

下駄の鼻緒が痛い対策は?正しい履き方と痛くならないグッズを紹介!

帯板

厚紙クリアファイルを切って代用ができます。

ただ通気性がよくないので暑いかも知れません。

巾着

最近はカゴバックを持っている人も多いと思います。

大きいバンダナ風呂敷で作るのもおしゃれですね~!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に必要な物をまとめます。

最低限必要な物
浴衣

下駄
腰ひも2~3本
タオル2~3枚
下着
肌着
あると便利な物

帯板
伊達締め
髪飾り
帯留め
巾着

最低限必要な物を買っておけば、来年もずっと着ることができます。

他の物は必要と感じてから買いましょう。

またセット品を購入することで簡単に揃えることができるので利用しましょう。

ぜひ浴衣を着て、夏のイベントをたのしんでください!

浴衣は自宅で洗濯できる?

スポンサーリンク