献立を自動で考えてくれるアプリはこちら

犬の熱中症の初期症状はこれ!そのサイン見逃さないで!

犬の熱中症の 初期症状はこれ

犬は人間と同じように熱中症にかかります。

外や車の中だけでなく、室内でもわんちゃんは熱中症になる危険があります。

ですが人間と違って、体調がおかしかったり、体が変だったりしても言葉では伝えられません。

そんな中で犬の体調の変化に気づけるのは、飼い主の私たちだけです。

私も最近知ったので、皆さんにもお伝えしたいと思いまとめてみました。

スポンサーリンク

犬の熱中症の初期症状はこれ!

犬が熱中症のときは元気がない

マルチーズ

たとえ家の中にいたとしても、熱中症になるみたいです(;´Д`)

以下の様子になっていないか見てみましょう

  • いつもの散歩の時間なのに、全然行く気がない
  • 好きなおもちゃを出しても、喜んで遊ばない
  • 名前を呼んでも全然反応しない

愛犬が少しでもおかしいな~と思ったら、熱中症だけでなく何か他の病気になっている可能性があります。

迷わず病院に連れて行ってあげて下さいね!

犬が熱中症のときはうろうろして落ち着きがない

ミニチュアダックスフンド

元気がなくなる場合とは別のタイプでウロウロしちゃうワンちゃんもいるらしいです。私も驚きました。

熱中症になって苦しくなり、体の変化を感じて不安になり落ち着かないらしいです。

  • 愛犬が普段よりもそわそわしている
  • 愛犬が部屋中を歩き回ってなかなか座ったり寝たりしない

上記のような場合、熱中症だけでなく何か他の病気になっている可能性があります。

迷わずペット病院に連れて行ってあげて下さいね!

またその場所が暑くて、涼しい場所に移動したいこともあります。

室内でできる熱中症対策もしておくと安心です。詳しく知りたい方はこちらの記事にまとめていますので、合わせてどうぞ!

犬の室内の熱中症対策 犬の室内の熱中症対策はこれ!~今すぐできるお部屋改善方法~

犬が熱中症のときは散歩の時の歩き方に注意!

柴犬

散歩好きの犬にとって、夏間に散歩に行かないのは大きなストレスですよね。

なので毎日飼い犬を散歩に行っている飼い主さんも多いと思います。

しかし暑い散歩の途中にだんだん歩いているスピードが落ちてきたり、散歩途中に歩かなくなったりするのは熱中症の症状になります。

熱中症にならないように涼しい時間に散歩に行くようにしたり、途中で水分補給の休憩をするようにするのがいいらしいです!

私もダックスフンドを飼っていますが、夏場の散歩は冬の散歩に比べて半分の時間に抑えてます。

また散歩途中や帰宅後にお水をたっぷり飲ませています(´∀`)

夏の犬の散歩の時間帯や長さや回数、気をつけるべき事について詳しく知りたい方はこちらの記事にまとめていますので、合わせてどうぞ!

夏の犬の散歩の時間帯や長さや回数、気をつけるべき事とは?

犬が熱中症のときは口元に注意!

犬

ワンちゃんは、人間みたいに汗をかいて体温調節をせずに、体温が上がると鼻や口で呼吸して体温を下げようとするらしいです。(私も初めて知りました)

なので暑くなるとハアハアと口を開けて呼吸しているイヌを、見たことがある飼い主さんも多いと思います。

それが熱中症になると口を開いてハアハアと呼吸が浅く早くなるらしいです。

いつも以上にハアハア言っているなと思ってらそれは危険信号かも知れません(;´Д`)

またイヌは自分の体の温度調節をするため、よだれを垂らして調節することもあるらしいです。

なのでよだれを大量にダラダラ垂らしているときも、熱中症の可能性があります。

迷わず病院に連れて行ってあげて下さいね!

スポンサーリンク

犬が熱中症のときは体に触ると熱い

フレンチブルドック

わんちゃんが熱中症になると体が熱くなるらしいです。

人も熱が出ると体が熱くなりますよね。

特にペットは耳の中、脇の下、お腹が暑くなるらしいです。

なの耳の中、脇の下、お腹でに手を当てて、いつも以上に熱くないか確認してみましょう!

普段よりわんこの熱いなと思ったら、体温計で熱がないか確認してみるといいですよ。

体温が40度以上超える状態が続くと危険な状態らしいです(;´Д`)

普段から愛犬の平熱を知っておくといいらしいです!

普段の体温を知っておくと熱中症だけでなく他の病気に気づきやすいですよ。

私もそのことを知ってから飼っているダックスフンドは毎朝熱を測るようにしています。

肛門よりも耳の方が計りやすかったので、耳の体温計を使ってます!

犬の熱中症の初期症状のまとめ

熱中症は大型犬、小型犬関係なくあっという間に発症します。

また熱中症になったら必ず初期症状が現るので、飼い主の私たちが見逃さないようにしなくてはいけませんね!

少しでもわんちゃんの様子に異変を感じたら涼しい場所で休ませて、お水を飲ませてあげる事が大切らしいです。

それでも落ち着かなかったり、あれ?いつもと違うな?と思ったら、すぐに動物病院に体を冷やしながら連れて行ってあげてください。

飼い主の私たちの初期対応がとても大切ですよ!

犬の熱中症対策についてこちらの記事で詳しく説明しているのであわせて読んでみて下さいね↓

犬の熱中症対策について! 犬の熱中症対策について!こんなときはどうする?

スポンサーリンク