献立を自動で考えてくれるアプリはこちら

夏の犬の散歩の時間帯や長さや回数、気をつけるべき事とは?

暑くなってきましたね。皆さんは愛犬の散歩どうしていますか?

人間でも暑いと感じる時期、犬たちにとっても過ごしにくい季節です(`-д-;)

飼い主さんが気をつけてあげないと熱中症になったりする可能性もあります。

今回はわんちゃんの夏の散歩の時間帯や長さや回数、そして気をつけることをご紹介します。

スポンサーリンク

夏の犬の散歩の時間帯はいつがベスト?

ミニチュアダックスフンド

夏の散歩はできる限り、日中は避けましょう。

夏の日中のアスファルトは熱くて犬の肉球をヤケドしてしまいます。

1日の中でもっとも涼しい早朝のうちにイヌの散歩を済ませるのがオススメです!

地域差がありますが、この季節だとだいたい4時くらいから明るくなってきて6時を過ぎると日差しがジリジリと強くなってきます。

太陽が出てきたばかりは地面もひんやりしていて、体感温度もスッキリしています。

なので4時から6時くらいが犬のお散歩の時間としてベストです。

私は前日の夜にこのホームページで日の出の時間を確認しています。

→日の出日の入り時間の確認はこちら

また朝の涼しい時間の方がわんちゃんにとってもベストですが、飼主さんも暑くなくて快適に散歩することができます。

早起きは三文の得ともいいますしね(*ゝω・*)

犬の夏の散歩で夜は?

じゃぁ夜の散歩はだめなのか?という話になりますよね。

日が落ちて涼しくなったから散歩しよう~。という方もいますが、まだ日中の熱がアスファルトなどの熱に残っています。

人間にとっては涼しくても、地面から近いイヌにとってはまだまだ暑いです。

もし夕方や夜など暗くなってから散歩をしたい場合は、22時以降がオススメです。

22時以降になればアスファルトもだいぶ冷たくなってきていると思います。

なので夜に散歩する場合は地面を1度飼い主さんの手で暑くないかどうかを確認してから散歩してあげて下さい。

また夜は暗いので飼い主さんの防犯面も気をつけて下さいね!

夏の犬の散歩の長さや回数はどれくらい?

トイプードル

犬の散歩の長さについて

夏の犬の散歩の長さは、できれば短めにしてあげましょう。

なんと言ってもとっても暑いですからね。

飼い主さんやイヌが熱中症にならないためにも、できれば日頃の散歩時間よりも短くしましょう。

イヌのトイレが終わったら散歩を終えたり、いつもの道の半分まで着たら折り返すのがおすすめです!

犬の散歩の回数について

また回数としては朝だけの1回だけで済むわんちゃんは、早朝の涼しい時間帯のみが1番良いです。

ですが犬によっては外でしかトイレができない子もいると思います。

そういう子は朝の4時から6時の間と夜の22時以降の2回をオススメします。

スポンサーリンク

夏の犬の散歩で気をつけるべき事とは?

シーズー

夏に散歩をする際に気をつけなければいけない事があります。

散歩する前に確認しておきましょう!

その1 地面が暑くないかチェック

飼い主さんの目視ではなく、手で直接触って暑くないか確認しましょう。

早朝はひんやりしていますが、夜は日中の暑さがまだアスファルトに残っていることがあります。

散歩する前にきちんと試しかめてあげて下さいね!

その2 できる限り日陰や土の上を選ぶ

散歩のルートの中で、できれば日陰や土がある場所を歩かせるようにしましょう。

マンションやビルなど建物の陰は熱気がこもりやすく暑いので、できれば木々の下など風通りが良い場所がオススメです。

その3 こまめに休ませる

散歩中も運動をしているのでどんどん暑くなっていきます。

だいたい10分間隔で休憩を取りましょう。

途中木陰など風通しの良い場所で、冷たいお水を飲ませてあげましょう。

もちろん飼い主さんの水分補給も忘れずに(ノ*’ω’)ノ

その4 走らせたり引っ張らせたりしない

他の犬をみて興奮したり走らせたりさせないようにしましょう。

興奮しているなと感じたら、お座りやおやつを与えたりしてクールダウンさせましょう。

その5 ひんやりグッズを活用しよう

犬は人よりも地面が近いため輻射熱(ふくしゃねつ)を直に浴びてしまいます。

また毛が短い犬は日光からの紫外線も浴びやすいです。

そのため思っている以上に熱中症のリスク高いです(;´Д`)

最近では洋服やバンダナなどのひんやりしたグッズが沢山売っています。

そういったひんやりしたグッズを利用して、わんちゃんの体を冷やしつつ散歩しましょう。

▼▼ 私が買ってよかった散歩の時のグッズはこちら ▼▼

犬の夏の散歩グッズはこれ! 犬の夏の散歩グッズはこれ! 買ってよかった商品5選♔

その6 雨上がりは注意

雨上がりは雨水が蒸発しようと気温が上昇します。

とくに風がない雨上がりの日は2倍暑く感じてしまいます。多温多湿には注意が必要です。

夏の犬の散歩のまとめ

いかがでしたでしょうか?

人間がこの季節になると熱中症で倒れる方が多いように、わんちゃんも気をつけてあげないと熱中症になってしまいます。

可愛い愛犬が熱中症になってしまったらと考えるとぞっとしますよね。

まずは散歩の時間を早朝や深夜の涼しい時間に変えてあげて、ひんやりグッズを利用してみてはいかがでしょうか?

また散歩の時に気をつけるべき事を守って快適な散歩をしてあげて下さいね (ノ´∀`*)

▼▼ 犬の室内の熱中症対策についてはこちら ▼▼

犬の室内の熱中症対策 犬の室内の熱中症対策はこれ!~今すぐできるお部屋改善方法~

 

スポンサーリンク