献立を自動で考えてくれるアプリはこちら

犬の夏の散歩グッズはこれ! 買ってよかった商品5選♔

犬の夏の散歩グッズはこれ!

夏がやってきました!

犬にとって夏はとても暑くて過ごしにくい季節です。

しかし暑いからといってずっとお散歩をしないわけにもいきませんよね (´ー`A;)

そこで今回は私が買って良かった夏の暑い時期に散歩で使えるグッズやひんやりできるグッズをご紹介します!

スポンサーリンク

犬の夏の散歩グッズはこれ!

地面に近い犬は上からの日差しとアスファルトからの照り返し熱で人間よりも暑さを感じていることが多いです。

少しでもわんちゃんに涼しく散歩してもらうために暑さ対策ができる散歩グッズをご紹介します。

【ドッグシューズ】アスファルトから足を守ろう

日中のアスファルトの温度は、なんと50度近くになると言われています。

普段靴を履いて歩いてる私たちにとっては気づきませんが、触ってみると人間ですらヤケドする暑さです。

そんな中犬を歩かせてしまうと簡単に肉球がヤケドをしてします。

なので夏だけでも散歩の時に、靴を履かせてあげると火傷防止になりますよ~!

また靴は地面に落ちているガラスの破片やゴミなどからも守ることができるので普段から使ってます。

初めて愛犬に履かせたときはぎこちなく歩いていましたが、何回もチャレンジすると慣れました!まずはお家の中で練習するといいと思います!

雪月

【クールウェア】直射日光を浴びないように

犬用の靴などを履かせても、アスファルトの温度が熱いことに変わりません。

犬は地面に近くを歩くので地面からの輻射熱(ふくしゃねつ)を直に浴びてしまいます。

また毛の短いわんちゃんは皮膚に直接日差しが当たるので人以上に暑さを感じてしまいます。

なので涼感のタイプの洋服を利用しましょう。

わたしの愛犬はこのクーラーウェアをつかってます。

散歩に行く前に濡らして叩くだけでペットが冷えすぎない適度にひんやり (´∀`)

帽子もあるので、日が当たるときは帽子をかぶせてみたり♪

カラーやデザインも豊富なので自分のわんちゃんに似合う物を選んでみては?

洗濯もできるので、いつでもわんちゃんに清潔な服を着させることができますよ

雪月

【クールバンダナ】服を着慣れていない子はこれから

普段服を着ない犬は、突然ウェアなどを着させると嫌がって散歩に行かない場合があります。

私の犬も最初は服を着慣れていなかったので、バンダナから初めて徐々に慣らしていきました。

首には太い血管が通っているので、バンダナを使い首の周りを冷やすことで効率的に体温を下げることができます。

この商品は保冷剤をポケットの中に入れて首に巻いてあげるだけです。

裏地がコットン100%で重さも保冷剤を入れてたった30g前後しかないので、散歩もラクラクです♪

クールウェアと一緒に使うと効率的に体温を下げることができますよ♪

雪月

スポンサーリンク

【冷感スプレー】散歩前にシューっとしてあげるだけ

洋服やバンダナもだめというわんちゃんには冷感スプレーがおすすめです。

散歩をする前に犬用の冷感スプレーを脇やお腹、首に吹きかけてあげましょう。

そして散歩の休憩中に、再度かけてあげると最後まで涼しく散歩できますよ。

私は地元の病院で売っていた冷感スプレー+虫除けが付いている物を使っています!

雪月

【携帯用給水ボトル】お水を飲ませるにはこれ!

夏の散歩は熱中症のリスクが高いため、適度に水分補給も大切です。

ペットボトルだけだと器がないので、手を器の変わりにしてみたり・・・飲ませるのって大変ですよね(`-д-;)

なので私はこの商品を購入しました。

中には200mlの水が入ります。小型犬だと1回のお散歩なら十分の量です。

キャップカバーを外すと、お皿になるので水を注いで飲ませることができます。

カラビナがついているので、散歩用のカバンにつけることもできますよ。

見た目がかわいいので、カバンにつけていても水筒には見えないですよね!

雪月

犬の夏の散歩グッズのまとめ

いかがでしたでしょうか?

散歩は犬にとっては、トイレやストレス解消になります。

暑いからといって散歩をしないわけにもいきませんよね。

熱中症にならないようにグッズなどを利用して散歩をしましょう♪

そしてお家に帰ったらエアコンの効いた部屋でクールダウンさせてあげて下さいね!

▼▼ 夏の散歩の時間帯や長さ、回数についてはコチラの記事 ▼▼

夏の犬の散歩の時間帯や長さや回数、気をつけるべき事とは?

 

スポンサーリンク