コスモスのドライフラワーの作り方!失敗しないコツも!

コスモスのドライフラワーの作り方!失敗しないコツも!

気に入ったお花を見つけた時、ドライフラワーにして取っておきたいな、と思うことありますよね。

この時期だとコスモスがキレイですよねー。

色とりどりのコスモスを、なるべくきれいな色のままドライフラワーにして保存しておくことができたら素敵ですね。

でも、コスモスは花びらが薄く、茎が細いため、吊るす方法だと形が崩れてしまったりちぎれてしまいやすいんです。

なのでコスモスをドライフラワーにする方法と、失敗しないで作るコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

コスモスのドライフラワーで用意するもの

コスモスを上手にドライフラワーにする方法としておススメなのは、シリカゲルを使った方法です。

準備するものはコチラ!

  • コスモス
  • シリカゲル
  • 蓋付きの密閉容器
  • 大きめのスプーン
  • ピンセット
  • ハサミ

コスモス

なるべく新鮮なお花のほうが良いので、咲いたばかりのものを取ってきましょう。

色はお好みのもので良いのですが、ピンク色のコスモスはドライフラワーにしても鮮やかな色が出ます。

シリカゲル(ドライフラワー用)

シリカゲルというと、お菓子の袋にも入っている乾燥剤を連想します。

成分としては同じものなのですが、お菓子用に使われているシリカゲルは粒が大きいのでドライフラワー作りには向きません。

ドライフラワー用のシリカゲルは粒が細かく、花びらの隙間にも入り込みますし、花びらに粒の痕が付いてしまうような事も避けられます。

ネットや100円ショップなどで手に入ります。

シリカゲルを使うのもいい方法ですが、自然乾燥でもできます。

蓋付きの密閉容器

コスモスの花がすっぽり入る大きさ・深さが必要です。

しかしあまり大きすぎるものだとシリカゲルがたくさん必要になってしまうので注意です。

コスモスのドライフラワーの作り方

コスモスのドライフラワーを作る手順はとても簡単です。

まず、容器の底から2cmくらいまでシリカゲルを入れます。

次に、コスモスを入れて、容器が満タンになるまでシリカゲルを加えます。

容器の蓋を閉めて日陰に1週間くらいおいたら完成です。

動画もありますので参考にして見てください↓

スポンサーリンク

コスモスのドライフラワーを失敗しないで作るコツ

コスモスのドライフラワーを作る方法はとても簡単ですが、それぞれの工程にいくつかコツがあります。

容器の底にシリカゲルを敷いたら、コスモスの花を置く場所に軽くくぼみを作っておくとお花が安定して良いです。

茎は長すぎないようガクの少し下あたりで切っておきます。

複数の花を同時に入れる場合は、花びら同士が重なり合わないよう気をつけましょう。

コスモスの上に容器が満杯になるまでシリカゲルを入れる際には、スプーンを使って優しくふりかけるようにしましょう。

花びらの隙間にまできちんとシリカゲルが入り込むとよく乾燥します。

コスモスの花びらは元々水分が多くないため、乾燥しやすいほうのお花です。

ドライフラワーが完成しているか様子を見たり取り出したりする際には、パリパリになった花びらを壊さないよう注意が必要です。

完成したら大きめのスプーンでお花ごとすくい出してから、筆などで優しくシリカゲルを払ってあげましょう。

また、お花を触る時にはピンセットで慎重につかみましょう。

コスモスのドライフラワーの作り方のまとめ

コスモスの花は繊細で壊れやすいため、ドライフラワーを作る場合はシリカゲルを使った方法がおススメです。

シリカゲルはドライフラワー用の粒子の細かいものを使用します。

蓋付き容器の底にシリカゲルを敷き詰め、コスモスの花を置いたら容器が一杯になるまでシリカゲルをかけます。

花びらの隙間にまでシリカゲルが行き渡るよう、スプーンで振りかけると良いです。

容器の蓋をして1週間くらい日陰に置いておくとドライフラワーが完成します。

出来上がったコスモスのドライフラワーはパリパリになっているため、大きなスプーンですくって取り出します。

花びらの隙間に付いたシリカゲルを筆ではらって取り除きます。お花を直接触らずピンセットで丁寧に扱いましょう。

ぜひ参考にしてみてください!

コスモスの押し花を綺麗に作る作り方はこちら↓

コスモスの押し花を綺麗に作る作り方!色褪せないコツも! コスモスの押し花を綺麗に作る作り方!色褪せないコツも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください