コスモスの押し花を綺麗に作る作り方!色褪せないコツも!

コスモスの押し花を綺麗に作る作り方!色褪せないコツも!

秋になると道でコスモスを見かけることも多くなりますよね。

綺麗で可愛らしい花ですよね。

その自然の美しさを、切り取っていつでも楽しめるようにしてみませんか?

コスモスの押し花を綺麗に作る作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

コスモスの押し花の作り方

コスモスの押し花の作り方は2つあります。

コスモスの押し花の作り方①

昔ながらのやり方ですと、用意するものは

ティッシュペーパー・分厚い、ページ数の多い本、の2つですね。

やり方もご存じの方が多いでしょうが、簡単です。

ティッシュペーパーに花を挟んで、本の間に挟むだけ。

重石代わりにその上に本を数冊置いて、1週間ほど経つと出来上がりです。

このやり方では、失敗はほとんどありません。

しかし、色褪せた仕上がりになってしまいます。

ティッシュペーパーの代わりに、クッキングペーパーでもできますよ。

コスモスの押し花の作り方②

次は、特にお勧めの作り方を一つご紹介します。

アイロンを使う作り方です。

用意するもの

・キッチン、もしくはクッキングペーパー
・新聞紙1日分
・アイロン

作り方
1.新聞紙の上に、クッキングペーパーを敷きます。
その上に花を下向きに乗せます。
その際、茎をなるべく花びら近くで切っておきましょう。

2.クッキングペーパーを上に乗せ、アイロンを低温で30秒かけます。
必ず低温で、動かさずにかけてください。
温度を高くしてしまうと、焦げる可能性があります。

3.その後、10秒ずつプレスするようにアイロンを数回かけます。
花の様子を見ながら、回数は調節しましょう。

4.花びらの様子を見て、水分が抜けていたら完成です!
目安は、花びらがパリッとしていることです。

アイロンの温度にさえ気を付ければ、失敗はしないでしょう。

そして短期間でできる上に、色褪せが少なくできるのがポイントです。

また、縮んだり形が変形したりする心配もありません。

レンジでやる方法もありますが

しかし焦げたり縮んだりする事もあり、若干クシャッとなってしまいます。

その為、私のお勧めするのはアイロンを使ったやり方になります。

スポンサーリンク

コスモスの押し花が色褪せないようにするコツ

押し花は生花より長持ちするものではありますが、永久的なものではありません。

押し花は、花の水分を抜いて作るものです。

ですが、水分というものは空気中にいくらも含まれているもの。

完成した時はパリッとしていても、空気に触れ続けると水分を吸収してしまいます。

乾燥用のシートの上に置いていても、シートを変えないと効果がなくなってきます。

また、日光の紫外線に触れ続けると色褪せたりもしてきます。

では、どうやって色褪せたりしないようにするのか?

押し花専用のシートがありますので、それがある人はそれに入れておきましょう。

 

持っていない方は、空気に触れないようにジップロックなどの袋にいれましょう。

酸化していくのを遅らせることができます。

そして湿気対策には、石灰乾燥剤を一緒に入れておくとより長持ちします。

お菓子や海苔に一緒に入っている、あの乾燥剤です。

もちろん、直射日光の当たる所は避けて保管します。

 

しかし色々とやっても大体は1年ほどの保管が限度です。

完璧に管理をしていても、3年ほどが限界といったところでしょう。

ハンドメイドの材料などに使うための保存でしたら…。

手を尽くしつつも、なるべく綺麗な内に使いきるようにするのがいいですね。

押し花そのものを楽しむのなら、色褪せや劣化も押し花の魅力の1つです。

年月の移り変わりごとの変化を楽しむのも、味のある楽しみ方でしょう。

コスモスの押し花を綺麗に作る作り方のまとめ

今回の押し花の作り方は、もちろん他の花でも使えます。

アイロンはご家庭にあることも多いでしょうから、簡単にできると思います。

これを期に、季節の花々を集めて押し花を作ってみてはどうでしょうか。

四季折々の花で作っていくと、可愛いのが沢山できると思いますよ。

作った押し花は、しおりにしても可愛らしくていいですね。

またレジンなどを使うと、スマホのカバーやアクセサリーも作れます。

その他の小物を作るのにも使えますから、みなさんも是非作ってみてください。

重石を使った作り方になりますが、専用シートなども売っています。

ティッシュを使うよりも、綺麗に剥がせたり乾燥したりしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください