ショートブーツはいつから履く?履いても恥ずかしくない気温の目安も!

ショートブーツはいつから履く?履いても恥ずかしくない気温の目安も!

暑い夏が終わりを迎えるころ、ショウウィンドウのマネキンも秋の洋装につぎつぎ変わっていきます。

足元を見ると、サンダルからショートブーツになっていますね。

足元を変えるだけで全体の印象はグッと秋の装いになります。

ショートブーツを履きたいけど、まだ残暑厳しいし、周りも履いてないし

1人だけ履いていたら恥ずかしいですよね(;´・ω・)

なので今回はショートブーツはいつ頃から履くのが恥ずかしくないのか、その気温も何度ぐらいなのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ショート ブーツはいつから履く?

近年は、8月の終わりもまだ‟夏”。

かと言って9月はどうなのかと言うとまだまだ残暑が厳しく、

秋物を着るのも、まだ暑いなあ~、汗臭くなる

判断がむずかしいですよね。

気温で絶対この日からというのはありませんが、秋のお彼岸ぐらいが良いと思います。

よく、暑さも彼岸までと言われてるように、この日を境に気温が下がり過ごしやすくなります。

でも、ショートブーツを早く取り入れたい…迷ったときは、足元だけ早めに衣替えしてはいかがでしょうか?

えっ!それってどう見てもおかしくない?とおもいますよね。

ある法則を守れば全然大丈夫なんです。では、その法則(私の中では)をご紹介させていただきます。

夏定番のTシャツにジーンズでも使える

この着こなしは昔から鉄板になっています。

これにはほとんどといっていい程スニーカーたちが大活躍しています。

それを黒色やベージュ系のショートブーツに変えると、スニーカーよりも足元がしっかりするので逆に重たくは見えません。

後は、小物などを、茶色系やグレー系、カーキー系で少しくわえると秋のスタイルになります。

一番のおすすめの色は‟黒”です。冬でも、春でも使えるので一足持っていると便利ですよ。

夏素材の洋服でも使える

いきなり長袖はまだ暑いし、秋素材の洋服を着ると汗ばむから...イヤだな~

そんな時は、洋服の色だけ考えれば解決しますよ。

夏服でも、秋の色に上下1アイテムだけ変えるだけです。

その中でおすすめなのが、ワインレッド系や茶色系、グレー系です。

この色は、黒とも相性がよく、どちらかと言えば落ち着いた印象を与えます。

よく、コマーシャルで秋になると化粧品の新色はこの組み合わせが使われますね。

スポンサーリンク

ショート ブーツを履く気温の目安について

秋のお彼岸ぐらいといいましたが、この日を境に気温が下がり過ごしやすくなります。

具体的な温度ですが、27度~26度の間ぐらいでしょうか。

結構涼しく感じます。

それくらいになると、7分丈や長袖を着る方が増えてきますね。

これくらいになるとショートブーツを履いていても違和感はありませんよー^^

それでも迷いがあるのならば、洋服ショップの販売員が履き始めたら履く歩いている人を見るのも一つの手です。

私の場合は、ショートブーツを履いてすごっくかわいい格好してる人を見かけたら履くようにしています。

ショートブーツはいつから履くのかについてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

ショートブーツを履くタイミングって迷ってしまいますよね。

以下のポイントで着てみてはいかがでしょうか?

  • お彼岸ごろ
  • 店員さんが履き始めたら
  • 気温が26度くらいになったら

ショートブーツをはく時期を見極めて、おしゃれを楽しみましょう (*´∀`*)

黒タイツの履くタイミングについてはこちらから↓↓

黒タイツはいつから履く? 黒タイツはいつから履く?気温の目安や時期の決め方はこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください