まだ献立に悩んでいるの?詳しくはコチラをクリック>>

赤ちゃんは海に行っても大丈夫?必需品や注意点はなに?

夏と言えば海ですよね!

上にお姉ちゃんやお兄ちゃんがいたりすると、夏休みに海に連れて行ってと言われることもあると思います。

海に行こうと計画を立てている途中に“赤ちゃんを連れていてもいいのだろうか?”と心配になるママも少なくありません。

赤ちゃんの海水浴に行っても大丈夫か、必ず持っていくべき持ち物、注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんは海に行っても大丈夫?

兄弟や姉妹がいらっしゃると、我慢させるわけにもいきませんよね。

赤ちゃんを海に連れて行くことは、基本的には問題はありません。

何ヶ月からや何歳になったから海に連れて行ってもいいなどの正解はありません。

私もよく海に行きますが、1才未満の赤ちゃんを連れてきている家族をよく見かけました。

砂浜に座って、波が当たるとケラケラ笑っていたり、上のお姉ちゃんにハイハイして付いていく赤ちゃんもいました。

ただ生後1才未満の赤ちゃんは体力もないため、感染症や脱水症状、熱中症になる心配があることを胸に留めておいてください。

3歳くらいの子供ですら、注意が必要なのです。

なので、連れて行くかどうかはパパやママの判断で決めましょう。

赤ちゃんの体調を第一に考えて、無理をさせないことが大切です。

赤ちゃんの海での必需品は?

海では、赤ちゃんにとってはかなりの暑さです。

それに対応できるような物を必ず持っていく必要があります。

赤ちゃんに必需品のもの

・ドリンクやミルク
・離乳食やおやつ
・おむつ
・おしりふき
・タオル
・衣類(着替えも)
・ティッシュ
・怪我用の絆創膏など

いつもお出かけしているときの物は全て持っていきましょう。

脱水症状にならないように飲み物は多めに用意しておきましょう。

汗も定期的に拭いてあげてください。汗疹や皮膚炎になる可能性があります。

日焼けや熱中症対策の持ち物

・テントやパラソル
・クーラーボックス
・ラッシュガードやパーカー
・アクアシューズ
・帽子
・日焼け止め
・日傘

パラソルよりもテントの方が、授乳やオムツ替えを人目を気にせず行うことができます。

また、風通りがよくお昼寝にも最適ですよ!

クーラーボックスの中に凍った飲み物を入れておくと、熱中症になったときに保冷剤の変わりになります。

ハンカチやタオルでくるみ、火照った体を冷やしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの海での注意点は?

海に連れて行く際には気をつけることがあります。

必ず確認しておきましょう。

海に行く前に体調を確認する

赤ちゃんの体調をまず確認しましょう。

いつもと様子は変わりはないか、熱は平熱かどうかはもちろんのこと、

切り傷やかき傷がないかも一緒に確認しましょう。

傷がある状態で海に入ると、感染症になる恐れがあります。

日焼け対策をする

行く前には必ず、日焼け止めを塗ってあげましょう。

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方!虫除けの順番とポイントを解説

長袖のパーカーなどUVカットできるものを用意してあげるのも良いと思います。

熱中症対策をする

赤ちゃんは初めての体験で興奮して、体力を奪われてしまっていることがあります。

いつの間にか脱水症状になっていたりする可能性があるので、

できる限りは日陰で過ごして、べービー麦茶やミルクなどでこまめに水分を補給させる必要があります。

熱中症対策で水分補給はどうしたらいい?

海で遊ばせるときは目を離さない

せっかく来たのだから赤ちゃんにも海で遊ばせたいと思う方もいると思います。

その際は目を絶対に離さず、目や鼻、口、耳に海水を入れないようにしましょう

体内に入ると、お腹を壊してしまいます。

水で遊ぶ際は5分を目安に

海の水は冷たいので、風邪を引かせないためにも5分を目安に休憩をさせましょう。

長くても、20分程度で遊ぶのを辞めることをオススメします。

砂場を歩く際は靴を履かせる

砂浜はとても暑く、貝殻やゴミなど足が怪我するものが沢山落ちています。

歩ける赤ちゃんにはサンダルではなく、アクアシューズなどの靴を履かせましょう。

遊び終わったら真水で流す

海水で濡れている体をタオルで拭くだけではダメです。

海水で体はべたべたしますし、肌にも悪いです。

シャワーなどの真水で必ず洗ってあげて、タオルで拭いてあげてください。

赤ちゃんは海に連れて行くことについてのまとめ

いかがだったでしょうか?

海に赤ちゃんを連れて行っている家族は結構います。

連れて行く際には、準備や気をつけるポイントを押さえることが大切です。

赤ちゃんの体調を優先してあげて、海を楽しみましょう!

スポンサーリンク