梅雨に関する記事はコチラ

日焼けして顔がヒリヒリする場合のケアや内側からできる方法をご紹介

日差しが強くなってきましたね。

夏はプールや海や山などお出かけする機会が増えます。

日焼けに気をつけていても、うっかり焼けてしまって

顔がヒリヒリして赤くなったという経験もあるのではないでしょうか。

私も、日焼け止めを塗り忘れて、

帰ったら顔が真っ赤で痛くて辛い思いをしたことがあります。

もし日焼けでヒリヒリして赤くなった時は、

適切な対処をしないと長引いたり、痕になったりします。

なので、今回はそういったことになった時の対処法とケアについてまとめてみました。

スポンサーリンク

日焼けして顔がヒリヒリする

日焼けをして顔がヒリヒリして赤いというのは、

皮膚が火傷をしたような状態と同じです。

とにかく冷やしましょう。

まず、家に帰ったら弱めのシャワーで顔に水をかけます。

ここで温かいシャワーを浴びてしまうと、ヒリヒリや痛みが増してしまいます。

冷たい水か、ぬるい水にしましょう。

ある程度冷えたら、タオルで優しく顔を拭き、

保冷剤や水に濡れたタオルで再度冷やしましょう。

保冷剤を使う場合は、ハンカチなどで包み直接肌に当てないようにしましょう。

使えない部分には、氷水を含ませて軽く絞ったコットンを貼りましょう。

温くなったら、再度冷やして貼り直します。とにかく冷やしてください。

MEMO

もし水ぶくれができてしまった時はすぐに病院を受診しましょう。

割れてしまうととそこから菌が入ったり

痕が残る可能性もあります。

なので、できる限り割れないようにしましょう。

気をつけていても割れてしまった時は、

水で洗い流し、患部を清潔にしてください

顔の日焼けのケア方法!

赤みが治まってきたら、肌をケアしましょう。

日焼けをした後のお肌はとても乾燥しています。

乾燥を悪化させないために、化粧水などで保湿することが最も大切です。

私のオススメは、ほてりの沈静作用のあるアロエです。

自分の家にアロエを育てておいて、それをとってきて肌につけていました。

アロエは保湿力があり、日焼けによる赤みにも効果的です。

アロエがない場合は、低刺激性の化粧水を使用しましょう。

このとき肌に刺激を与えないように、

軽く肌に入れるようにペタペタと優しくつけましょう。

市販のコットンに染みこませて化粧水パックをするのも良いと思います!

ただ1度熱が引いても、お風呂に入ると再び熱を持つことがあります

しっかりと冷やして保湿をすることが大切です。

注意

日焼けで赤くなっているときは肌が敏感になっています。

顔を擦ったり、顔剃りしたり、毛を抜いたりすると

負担になるため、止めておきましょう。

スポンサーリンク

日焼けのケアで内側からできる方法は?

内側からもケアをしておきましょう。

日焼けに効く食べ物は、ビタミンCです。

シミやシワといった肌ケアには欠かせないものです。

ビタミンCが多く含まれている野菜や果物を紹介します。

野菜

パセリ・ピーマン・小松菜・ほうれん草・ブロッコリー・アセロラ

果物

レモン・キウイ・イチゴ・アセロラ・オレンジ・柿・グレープフルーツ

ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いので、

さっと火を通す炒め物か、サラダで食べることをオススメします。

野菜や果物を積極的に食べることによって

体の内側からも、日焼けのケアをしましょう。

まとめ

日焼けは気を付けているのに、

いつの間にか焼けてしまったということも

よくあると思いますが、

“ただの日焼けだから”といって放っておくと

痛みが増したり、なかなか赤みが引かなかったりします。

冷やして保湿をするかどうかで、その後の治り具合が違います。

また内側からもケアするために、

ビタミンCを多く含まれている食べ物を

積極的に食べるようにしましょう。

将来シミや肌トラブルにならないためにも、

日焼けをした後のケアはケアは怠らないでください!

化粧で日焼け止めを塗るタイミングは?顔のベタベタやよれるのを防ぐ方法

顔の日焼け止めの正しい塗り方!塗るタイミングと気をつけること!

スポンサーリンク