今年のハロウィンは特殊メイクをしませんか?>>

なにわ淀川花火大会2018 見どころや穴場についてご紹介します!

なにわ淀川花火大会2018

最大級の規模で大阪府で人気を誇る淀川花火大会。

現在では大阪では知らない人はいないのではないでしょうか?

色とりどりの光の花が夜空と淀川を美しく照らします。

今回はそのなにわ淀川花火大会の見どころや穴場についてご紹介します。

スポンサーリンク

なにわ淀川花火大会2018

大阪府内で1位の人気の高い花火大会です。

昨年は50万以上もの、地元住民や観光客が押し寄せるほどの賑わいです。

ボランティアスタッフによる手作りのお祭りで、1回目の花火大会から回を重ねるごとにパワーアップしており、これまでにない企画を次々行っています。

開催場所大阪府大阪市淀川区新北野3丁目
イベント開催日2018年8月4日(土)
打ち上げ時間19:40 〜 20:40
荒天時中止

→なにわ淀川花火大会の詳細な地図や基本情報はこちら【楽天たびノート】

なにわ淀川花火大会へのアクセス方法

車の場合

会場近くの十三駅周辺のパーキングもおすすめです。

しかし確実に駐めたい場合は、十三駅ではなく御幣島駅周辺に駐めましょう。

御幣島駅周辺ならパーキングが沢山あり、会場まで徒歩15分くらいでつきます。

近くの駐車場を予約しておきませんか?>>スマホ・PCで簡単予約!オンラインコインパーキング【akippa】

電車の場合

電車の場合はJR東海道本線「塚本駅」・阪急神戸線「十三駅」・JR神戸線「塚本駅」からが主なアクセス方法です。

徒歩10~15分で会場に着くことができます。

8時ごろから花火開始されるため、6時か7時台から電車は混雑します。

なので遅くても5時までには到着するように行きましょう。

駅から歩いて河川敷など近辺まで行く場合、歩く距離が結構あり慣れない下駄などの靴擦れに気をつけた方がいいです。

下駄の鼻緒が痛い対策は?正しい履き方と痛くならないグッズを紹介!

なにわ淀川花火大会の見どころ

大阪府内で1位の花火大会のため、出店の数はかなり多いです。

定番のソーセージやたこせんなどを始め、変わり種も近年では増えています。

特別有料席も設けられており、そこからの眺めは最高です。

また川岸で打ち上げられているため、船に乗って川を下りながら見られるという、他の花火大会ではないような距離感や場所から見られるところも見どころです。

花火も種類が豊富で、にこちゃんマークの花火やハートの形の花火など女子受けのいいものも増えてきています。

→なにわ淀川花火大会の周辺の人気宿や温泉地はこちら【楽天たびノート】

スポンサーリンク

なにわ淀川花火大会の穴場はココ!

今回はなにわ淀川花火大会の穴場スポットを3つご紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

海老江グラウンド付近

住所:〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江3丁目 大阪府大阪市福島区海老江3丁目地内

淀川河川敷の中でも比較的人が少ないスポットです。

花火もキレイに見えるので、オススメです。

本庄公園

住所:〒531-0073 大阪府大阪市北区本庄西3丁目11

会場から少し離れますが、人が少なく静かに見ることができます。

また花火が始まるまで、周辺のお洒落なカフェを散策するのもおすすめです。

新北野公園

住所:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目

JR塚本駅を降りて徒歩5~6分の場所にあります。

河川敷までは行かないので街並みの風景から花火を見る感じになりますが、かなり近くで綺麗に見えます。

なにわ淀川花火大会のまとめ

河川敷は足元が悪く、坂や段差があるので気をつけてください。

会場はかなりの混雑のため、いい席から見たいときは午前中かお昼からは場所取りが必要です。

夜から行く際も1時間前には到着している方が、見やすい位置を確保できると思います。

会場のトイレは長蛇の列になるので、済ませておくのがベストです。

終了後は電車が大変混雑するので、歩く体力があれば一駅先までいく方が良いかもしれません。

ぜひ参考にしてなにわ淀川花火大会を楽しんで下さい!

花火をスマホで綺麗に撮る設定やコツについてご紹介します!

花火を綺麗に撮影できるスマホのアプリおすすめ7選!

スポンサーリンク