布団のシーツについた血の落とし方!一発でキレイに落ちちゃう♪

布団のシーツについた血の落とし方!一発でキレイに落ちちゃう♪

子供が、布団のシーツに鼻血をつけてしまうことよくありますよねー。

私の子供も寝てるときに、いつのまにか鼻血がでて、気づかないうちに

からからになってることが、よくありました。(ホントによく、鼻血出てました)

そんな時、これなら簡単に落とせた!また、時間のたったものでも落とせる

あきらめなくて良かった~。と思える布団のシーツについた血の落とし方を紹介します。

一発でキレイに落ちちゃうので覚えていて損はないですよ^^

スポンサーリンク

布団のシーツについた血を落とすのに用意するもの

まず、水です。その後でやっぱり洗剤になりますね。

血はシーツに付着するときは、だいたい部分的につくので、部分に洗剤を付けることになります。

そこで用意するのが、皆さん意外と知らない洗濯用の固形せっけんです。

固形石鹸は部分洗いにはとても使いやすく、塗り込みやすいので1つあると便利です。

あと漂白剤もあると完璧に落とすことが出来ます。

白色のシーツなら塩素系のアルカリ性、還元型の弱アルカリ性のもがいいです。

柄物なら酸素系の漂白剤がいいです。粉末状のもあるので、出来ればこちらの方を使うと落ちが違います。

この時、洗剤の用途を間違うと、柄物は色が落ちたりするので、注意して使って下さい。

身近なものでは、台所洗剤も十分使えますよ。

あえて、血液専用の洗剤をわざわざ買いに行く必要はありません。

スポンサーリンク

布団のシーツについた血の落とし方

血がついてすぐなら、水でよく洗って下さい。真水で十分です。

お湯の方が落ちるんじゃないの?と思われる人が多いと思いますが・・・。

血液の8割は水とタンパク質で出来ています。

お湯でもみ洗いすればするほど繊維の中に入ってしまって、固まってしまいます。

そうなると布団のシーツについた血が固まり取れなくなってしまいます。

水である程度取れますので、あとは洗濯用の固形石けんを塗り付けてよくもみます。

あとは水洗いして終わりです。

それでも、うっすらと残るときには、漂白剤に1~2時間つけてみてください。

完全にとれて、他のシミまでとれてキレイに仕上がります。

時間が経ったものならば、シーツの下に、キッチンペーパーかタオルを引いて食器用洗剤を血液の部分につけて、水をつけます。

使わない歯ブラシで、優しくあまり力入れずに、たたくようにします。

たたいては、ふき取り、それを何回か繰り返すと取れていきます。

この時も、必ず水でしてくださいね。

布団のシーツについた血を落とす方法のまとめ

布団につく血液のよごれは、気づかないうちについてるのも多く、いつ付いたのかわからないものもあります。

鼻血や生理の時は、だいたいわかるのですが、小さいキズなどはほとんどわかりません。

いつの間にか時間がたち、シミとなり、取るのもめんどうになります。

それは、血に限らずどんな種類のよごれでもいえることですね。

しかし、血液はあまり印象の良いものではありません。見た目も赤色でいい気持ちしませんよね。

他の汚れに比べたら、とても厄介者なのかも・・・

その厄介者が、じつは水に弱いなんて、とても簡単にやっつける事ができるのです。

世の中には、用途別の洗剤や漂白剤などがたくさん、数えきれないほど存在します。

頑固な汚れなどは、うまく利用するのもいいとおもいます。

結構、自然のものや昔からあるものでも、キレイにできるのもあるので、いろんな人に聞いてみてもいいかもしれませんね。

こんなもので、そこまで取れるのかと、知ってないと知ってるでは、全然違うと思います。

それ専用のものを使えば、簡単に血の汚れは落ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください