赤川花火大会2019のアクセスや駐車場、見どころや穴場についてご紹介します!

赤川花火大会2019のアクセスや駐車場、見どころや穴場についてご紹介します!

山形県鶴岡市で開催されている諏訪湖祭湖上花火大会。

山形県内1位と人気の高い花火大会といわれています。

今回はその赤川花火大会の見どころや穴場についてご紹介します。

駐車場や混雑状況、最寄り駅、屋台、場所取りなどについてもお話ししていこうと思います。

なので見に行こうかなと思っている方は参考にしてみてください!

スポンサーリンク

第29回赤川花火大会「百華繚乱 ~夜空に重なる一人一人の物語~」

花火が1,000発以上打ち上がり、観光ツアーが組まれるほど県内外から多くの観光客が訪れます。

テレビなどの花火大会特集で毎年上位に紹介されています。

音楽やメッセージなどと一緒に打ち上がる花火はとても感動的です。

開催場所山形県鶴岡市赤川河畔 羽黒橋~三川橋
イベント開催日2019年8月17日(土)
打ち上げ時間19:15~21:00
荒天時小雨決行、荒天時中止

→赤川花火大会の詳細な地図や基本情報はこちら【楽天たびノート】

赤川花火大会へのアクセス方法

赤川花火大会へのアクセス方法をご紹介します。

車の場合

赤川花火大会を車で行く場合、

国道112号を庄内町方面へ車で6kmで行くことができます。

6300台ほど停められる無料駐車場もあるので安心です。

しかし人気の花火大会なのですぐに駐車場が埋まります。

早めに到着しておくのが無難です。

また近くの駐車場を予約しておくのも一つの手ですよ>>スマホ・PCで簡単予約!オンラインコインパーキング【akippa】

電車の場合

最寄駅の羽越本線、鶴岡駅から臨時直行バスで会場まで200円ほどで行けます。

数分おきに何本もでています。

また歩くとなると徒歩30分で会場に着くことができます。

夕方頃から会場へ向かう人の行列ができるので、流れにそって向かえば着きますよ。

スポンサーリンク

赤川花火大会の見どころ

赤川花火大会はどの花火も音楽と一緒に観賞できとても綺麗です。

その中でも特に水上スターマインがとても綺麗です。

沢山の花火師さんが技術を競い合って毎回凝ったデザインや大迫力の花火が上がります。

実際の映像はこちら↓

屋台では庄内地方でしか食べられないキャンドルボーイがオススメです。

フランクフルトに餅をらせん状に巻きつけ揚げ、ケチャップ、胡麻味噌、砂糖醤油などのソースからのどれかを選び付けて食べます。

キャンドルボーイの屋台は1つしかないので行列ができていることがほとんどです。

ぜひ行かれる際は食べてほしい一品です!

→赤川花火大会の付近のホテルや温泉はこちら【楽天たびノート】

赤川花火大会の穴場はココ!

赤川花火大会どこから見るか迷いますよね!

今回は赤川花火大会の穴場スポット・ 見える場所を3つご紹介します。

知っておくだけで花火をキレイに見えるところを場所取りすることができますよ♪

ぜひ参考にしてみて下さい。

ブルボン羽黒工場

ルマンドやエリーゼなどのお菓子を作っている工場周辺でも花火を見ることができます。

しかも人出が少ないので、ゆっくり見ることができます。

まったり静かに見たいというカップルなどにおすすめですよ。

鶴岡市立朝陽第五小学校グラウンド

赤川花火大会は鶴岡市立朝陽第五小学校グラウンドが解放されています。

花火の打ち上げ会場の真正面なので、きれいに見ることができます。

鶴岡東公園

鶴岡市立朝陽第五小学校から徒歩5分ほどの場所にある公園。

駐車スペースもあるので車で来られる方にもおすすめのスポット。

スポンサーリンク

赤川花火大会のまとめ

山形県に旅行に行ったら1度は見てみたい赤川花火大会。

全国トップクラスの花火師たちが魅せる技は見ものです。

また赤川河畔をフルに活用した他に類を見ないオリジナル花火は見逃せません。

ぜひ赤川花火大会を楽しんで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください