今年のクリスマスケーキはもう決めた?

年賀状って捨ててもいいの?タイミングや方法についてご紹介

年賀状って捨ててもいいの?タイミングや方法についてご紹介

年賀状ってもらうとうれしいものですが、どうしても毎年毎年たまっていきますよね。

見直すことも少ないし、年賀状を処分してしまおうかな…

と考えた経験ありませんか?

でも年賀状って頂き物だし、正直捨ててもいいのか迷いますよね。

今回は年賀状を捨ててもいいのか、捨てるタイミングや捨てる方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状って捨ててもいいの?

年賀状は、前の年にお世話になった方への感謝の気持ちを表し、新年も変わらないお付き合いをするために送り合うものです。

けれど毎年年賀状を頂くとなると、いつのまにか年賀状がたまってる!!!という方も多いのではないでしょうか。

特に会社の上司や同僚、取引先、友人、親せきなどから、たくさんもらう方にとっては結構な量になりますよね。

そんな年賀状を処分したいけど、頂き物だし捨ててもいいのかって正直迷いますよね。

結論から言いますと、年賀状を処分しても問題ありません。

年賀状の書き方にはマナーありますが、年賀状を”ずっと保管しておかないといけない””処分しなくてはいけない”などの決まりがないからです。

check年賀状の書き方マナー違反してない!?出す前にチェック!

なので年賀状が頂いたら保管しておく、そして保管できなくなったら捨てるなどそれぞれの事情で判断するといいですよ♪

年賀状を捨てるタイミングについて

年賀状を捨てるタイミングについて

捨ててもいいと聞いても、

いつ捨てればいいんだろう?

と悩みますよね。

年賀状を捨てるタイミングは、1年たったら処分するのがいいと思います。

年賀状を頂いたら、返信しなくてはいけませんよね。

なので年賀状をもらってすぐ捨ててしまうと、誰からもらったかわからなくなります汗

わからなくなると、だれに返信すべきなのかがわからなくなって困るんですよね(経験談)

しかもお正月あけに、

私の年賀状無事に届きました?

と聞かれることもあるので、一応1年間は保存しておきましょう。

スポンサーリンク

年賀状を捨てる方法について

年賀状はそのまま燃えるごみとして捨ててもいいですが、年賀状には相手や自分の住所など個人情報がたくさん書いてあるので、慎重に捨てないといけません。

誰かに個人情報などを見られたり、悪用されたりするのは怖いですよね汗

年賀状を処分の仕方でおすすめの方法をご紹介します。

年賀状の個人情報のところだけ黒マジックで塗りつぶして捨てる

個人情報が書いてある、場所だけ黒マジックで塗りつぶす方法です。

相手や自分の住所、一言のコメント、写真の場所を1枚ずつ塗りつぶしましょう~!

年賀はがきの枚数が少ない場合は、これが一番早い方法だと思います。

年賀状を宛名消しスタンプを押して捨てる

黒マジックで1枚ずつ消すのが大変という方には、宛名消しスタンプが便利ですよ!

スタンプなので、ポチポチ押せばいいのでめちゃくちゃ楽です。

年賀状をシュレッダーにかけて捨てる

枚数が多くなってくると、1枚ずつ黒マジックで塗りつぶすことは難しいですよね。

そんなときは年賀状をシュレッダーで粉々にしましょう~!

安いものだとダイソーやセリアなどの100円均一で購入できます。

ちなみに私はAmazonで下のものを購入しました!

作動音は少し大きめですが、切断スピードも速く細かく粉々になります。

なので年賀状が大量にあってもストレスを感じることなく処分することができますよ。

年賀状って捨ててもいいの?についてのまとめ

年賀状って捨ててもいいのかについてご紹介しました。

最初は保管していたけど、年々増えていって保管場所に困ることもありますよね。

そんなときは処分しても問題ありません。

しかし処分するなら、1年前の年賀状からしましょう~!

処分としては、年賀状が大量にある場合は、シュレッターが早くていいですよ。

参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク