今年のハロウィンは特殊メイクをしませんか?>>

豊田おいでんまつり花火大会2018 見どころや穴場についてご紹介します!

豊田おいでん花火大会2018

豊田おいでんまつりのフィナーレを飾る花火大会!

TV番組で人気花火大会3位に選ばれたほど評価の高い花火大会です。

今回はその豊田おいでんまつりの見どころや穴場についてご紹介します。

スポンサーリンク

豊田おいでんまつり花火大会2018

自動車メーカーTOYOTA本社がある愛知県豊田市で毎年7月最終土日に行われる市民のお祭り「おいでん祭り」のフィナーレを飾る花火大会です。

豊田市を流れる矢作川河川敷の白浜公園一帯の会場には毎年市内外から30万人以上が来場します。

13000発の花火が打ち上げられる大きな花火大会です。

開催場所愛知県豊田市白浜町 矢作川河畔 白浜公園一帯
イベント開催日2018年7月29日(日)
打ち上げ時間19:10~21:00
荒天時中止

→豊田おいでんまつり花火大会の詳細な地図や基本情報はこちら【楽天たびノート】

豊田おいでんまつり花火大会へのアクセス方法

車の場合

自家用車でのアクセスは名古屋方面では国道153号、三河方面からの来場では248号が主なアクセスとなります。

花火大会当日は豊田市駅周辺駐車場は明るい時間から混雑しています。

自家用車で来られる方は午前中から周辺駐車場に停めておかれることを強くおすすめします。

駐車場を予約しておきませんか?>>スマホ・PCで簡単予約!オンラインコインパーキング【akippa】

電車の場合

電車での来場は、名古屋方面からは名古屋市営地下鉄鶴舞線「赤池」経由 名鉄豊田線「豊田市駅」下車します。

岡崎方面からは愛知環状鉄道「新豊田」下車 が多く利用されています花火大会が始まる2時間前からと大会終了後は大混雑となります。

終電も比較的早いので市営地下鉄など都市部の交通に慣れてしまっている方は終電時間を事前に確認し、乗り遅れることないよう十分気を付けてください。

 

また花火大会会場の河川敷から駅までも少し距離があり、夜道であること、大混雑であることを想定すると自分が思っていたよりも駅まで時間がかかってしまいます。

お昼頃から会場に向かい、場所取りをしつつ屋台で楽しむことをオススメします。

スポンサーリンク

豊田おいでんまつり花火大会の見どころ

おいでん祭りの見どころは「地元有名花火師によるメロディー花火」です。

クラシックからポップスまで毎年曲のメロディーに合わせてしっとりと、ときにはダイナミックに咲き誇るいろとりどりの花火はぜひ会場で楽しめます。

また近くには行けないでもメロディー花火を体感したいという方には、地元ラジオ局では地元人気DJがホットな話題も交えながらの生放送も実施しています。

少し離れた場所からでもラジオ片手にメロディー花火を楽しむこともできますよ。

→豊田おいでんまつり花火大会の周辺の人気宿や温泉地はこちら【楽天たびノート】

豊田おいでんまつり花火大会の穴場はココ!

今回は豊田おいでんまつり花火大会の穴場スポットを3つご紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

桜城址公園

住所:〒471-0024 愛知県 豊田市元城町1丁目51

豊田信用金庫本店の前にある公園です。

会場からは徒歩10分くらいの場所にあります。

トイレもあり、あまり混雑していないので子供連れにはオススメの穴場です!

とよたEcoful Town

住所:〒471-0024 愛知県豊田市元城町3-11

駐車場があるため、車で来られる方はココがオススメです。

交流広場と呼ばれる広いガーデンがあり、ゆっくり見ることができます。

豊田IC、豊田東ICから約15分でつきます。

ただ駐車場の駐められる台数が少ないので、利用する方はお早めに行くことをおすすめします。

梅坪駅

花火会場からは遠くなりますが、名古屋方面から来られる方におすすめの穴場スポットは会場最寄り駅「名鉄豊田市駅」より1つ手前の駅「梅坪駅」です。

駅のホームや改札を出て少し歩いた通りからも花火を見ることができます。

豊田市駅は大会終了後帰宅するお客さんで満員で出発するので、梅坪駅から乗るのが難しくなります。

なので花火大会が終わって1本目の電車に梅坪駅からすぐ名古屋方面行の電車に乗ればこの混雑に巻き込まれることなくスムーズに帰ることができますよ。

なので事前に必ず帰りの切符を買っておき、大会終了後1本目の電車に乗車しましょう。

スポンサーリンク

豊田おいでんまつり花火大会のまとめ

終電が23時台だったりと、花火大会だからといって普段より終電が遅くなるなどの対応がありません。

なので公共交通機関で来場を考えている人は1本早い電車に乗るスケジュールで動いていたほうが良いかと思います。

またグランドフィナーレのナイアガラは是非見てほしい花火ではありますが、帰りの大混雑を避けて帰ることを優先するのであれば、これは心残りではありますがナイアガラを見る前に駅に向かって歩くことを考えてみてもいいかもしれません。

東海地区最大級の花火大会で年々来場者の数も増えてきているように感じます。

会場付近はやはり場所取りが必要です。場所取りは前日以前から始まるのでフットワークが必要でしょう。

仕掛け花火やグランドフィナーレのナイアガラ花火をベストポジションで見たいという場合には、毎年5月~販売される個人協賛マス席を確保されておくと当日も安心かと思います。

ぜひ豊田おいでんまつり花火大会を楽しんで下さい!

花火をスマホで綺麗に撮る設定やコツについてご紹介します!

花火を綺麗に撮影できるスマホのアプリおすすめ7選!

スポンサーリンク