今年のハロウィンは特殊メイクをしませんか?>>

クリスマス前に別れるのはあり?別れ話の伝え方や気をつけること

別れ話の伝え方や気をつけること

もうすぐクリスマス。

でも彼女と別れたい…
でもクリスマス前だし…今伝えたら酷なんじゃ…

とお悩みではありませんか?

カップルのほとんどが楽しみにしている、クリスマス。

そんな日を目の前にして、別れ話を切り出したら、相手が傷つくかもしれないと心配ですよね。

それならクリスマス前じゃなくて、終わってからのほうがいいのかな?なんて考えてしまって、答えがでないあなたへ。

今回はクリスマス前に別れるのは酷なのかどうかや、別れ話の切り出し方や気をつけることについてご紹介します。

スポンサーリンク

クリスマス前に別れるのはあり?

もし彼女があなたと一緒に過ごすクリスマスをめちゃくちゃ楽しみにしていたらと考えると、なかなか言い出せませんよね…

なるべく彼女が傷つかないようにしたいもの。

でも彼女への気持ちが冷めてしまったなら、すぐに別れ話をすべきだと思います。

なぜなら、あなたが彼女に気持ちが無い状態で、クリスマスデートをしても2人とも楽しくないものになってしまうからです。

クリスマスって、ディナーやイルミネーション、プレゼント交換などいろいろありますよね。

でも彼女に気持ちが無い状態で、そういうデートは楽しめそうですか?

楽しめるなら大丈夫だと思いますが、楽しめていないあなたを見た彼女はきっと傷ついてしまいますよ。

それだと元も子もないですよね。

またクリスマス後に別れを切り出そうと思っても、年末年始が待っていますし…

けっきょく相手のことを思ってしまいグダグダしてしまって、なかなか別れられなかったという事にもなってしまいます。

別れ話の伝え方について

別れ話の伝え方について

でもどうやって別れを伝えようか…と悩んでしまいますよね。

できるだけ相手は傷つけたくないけど、きっぱり別れたい。

そんな方へオススメの2つの方法をご紹介します。

電話で別れ話を切り出す

いまはLINEやメールなどさまざまな方法がありますが、チャットなどで伝えるのはあまりオススメしません。

相手にスルーされたり、冗談と思われたりすることがあります。

そこでオススメなのが、電話でお別れを伝えることです。

電話だったら、彼女さんは聞いていますし、あなたの気持ちも伝わるはずです。

そして相手も、あなたに対して意見を言うことが出来るので、きちんとお別れすることが出来ます。

会って別れ話をする

彼女さんに会えるなら、会ってから伝えるのが一番良いです。

会えないならもちろん、電話でもいいのですが、一方的に切られてしまうこともあるんですよね(^^;)

そうなると、話し合うことすらどうすることも出来なくなるので、お互い時間を作って会うことをオススメします。

お互い顔をみて、納得いくまで話し合うことで、綺麗なお別れが出来ると思います。

スポンサーリンク

別れ話をするときに気をつけること

別れ話をするときに、気をつけたいちょっとしたポイントをご紹介しますね。

相手が感情的になっても落ち着くまで待ってあげる

突然、あなたから別れ話をしたら、混乱して感情的になる子もいると思います。

あなたを責めたり、泣いたり…。

彼女が落ち着くまで、待ってあげていいたいことを聞いてあげることが、彼氏の役目です。

別れを予感していたとしても、いざ言われると動揺することは仕方の無いことです…。

面倒くさいな~と思ったからといって、「もういいから。じゃあね!」と言うのはダメですよ!

あいまいな言葉は使わない

別れ話をすると彼女が泣き始めたりすることもあると思います。

そうすると、胸が苦しくなってきて、「確かに前より気持ちなくなったかもね」とか「冷めたとかそんなんじゃないから」とかあいまいな言葉を使ってしまいたくなりますよね。

曖昧に伝えてしまうと、まだ自分には復縁のチャンスがあるんだ!と勘違いさせてしまう可能性も。

あなたにそんな気持ちがないなら、結果的に彼女を傷つけてしまうことになります。

なので、きちんと「別れよう」とはっきり伝えましょう。

相手に感謝の気持ちを伝える

彼女を傷つけずに別れるには、最後に感謝の気持ちを伝えることが大切です。

付き合っているときに、嬉しかったことや楽しかったことを伝えましょう。

そして最後に「今までありがとう。楽しかった。」と伝えることで、彼女も彼氏もきっといつかは良い思い出になると思います。

クリスマス前に別れることについてのまとめ

クリスマス前に別れることについてご紹介しました。

別れると決めたなら、すぐに彼女に伝えることをオススメします。

できれば、会って別れ話をすることで、彼氏も彼女も納得する形になると思います。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク