会社の花見の行きたくない!角を立てない断り方と理由5選!

会社の花見の行きたくない!角を立てない断り方と理由5選!

もうすぐお花見の季節ですね。

会社での行事として花見があるという方も多いと思います。

花見なんかに行きたくないよ・・・。

という方もいるのではないでしょうか?私も実際そうですw

わざわざ仕事が終わった後や休日に行きたくないですよねw

今回は会社の花見の断り方や角を立てずに断れる理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

会社の花見の行きたくない・・・。

会社の行事の花見。仕事が終わってからあるならまだしも。

休日なんかに開催されたらもっと参加したくないですよねw

私の会社も、毎年土曜日なんですよね(´・ω・`)だから出たくなくて・・・。

お誘いを断ると、みんなに嫌われてしまうんじゃないかとか、雰囲気が悪くなるんじゃないかとか思っちゃいますよね。

でも行きたくないと思ったら、行かなくても大丈夫です。

わたしも断ったことありますもん。

ただし、断るときは慎重にしないとだめですよ。

会社の花見の断り方について

花見に誘われたときに

行きたくないので欠席で~

なんて言ったら、相手もイラっときますよね笑

きっと職場の雰囲気も悪くなるでしょう・・・(;’∀’)

誘ってくれた会社の人を悪い気分にさせない断り方としては、最初に感謝の気持ちから入る事が大切です。

相手が誘ってくれた事に対する感謝の意を表する事で、断ったとしても相手も悪い気はしません。

なので

ありがとうございます。ですが〇〇〇なので今回は欠席させてください。

と残念そうに・・・申し訳なさそうに・・・言うのがコツです。

スポンサーリンク

花見を角を立てずに断る理由5選

断り方はわかったけど、断る理由は何にしよう?ってなりますよね。

角を立てずに断れる理由を10個ほどご紹介します。

私、花粉症なんで…花見は辞めておきます。

私、花粉症なんで…花見は辞めておきます。

これは私もよくつかう断り文句です笑

春は花粉も多い季節ですよね~。

花粉の症状が少ない人でも結構きついもの。

花粉症の症状は人それぞれなので、それを理由に断るのもありだと思います。

私も花粉症なので、外に長時間いるだけで涙は止まらないし、鼻水は垂れてくるし…。

春は極力外には出ないようにしています笑

その日は前から友達と旅行に行く予定で、宿も予約してるので行けないんです・・・。

花見が土曜日などの休日にある場合は、旅行で断ることも可能です。

前から予約しているものを、キャンセルしてまで「参加しなさい!」という人もいないと思います。

キャンセル料もとられちゃいますしね(;^ω^)

でもこの断り文句の難点が、旅行先のお土産を用意しなくてはいけないということですw

会社の花見を断ってまで旅行行ったんだよね?お土産は?みたいな雰囲気になることも・・・。

その日は習い事があるので参加できません。

習い事は仕事が終わった後の夜桜を見に行く流れでも使える断り文句です。

就業後にピアノや英会話などスキルアップのために習い事をしている人も多いはず。

習い事も休むと、キャンセル料が発生したりすることもありますしね(;^ω^)

普段の飲み会を断るときも使えますよ♪

県外の友達が遊びに来るので、その日は参加できません・・・。

遠方の友達が遊びに来るので、その日は参加できません・・・。

社会人になると、友達が県外に住んでいるということもありますよね。

私の友達も大阪や東京などバラバラなので、会えても年に1回くらいです(´・ω・`)

なので県外から友達が遊びに来たり、帰ってくるのは貴重なもの。

そんな日に会社の花見を優先させろなんて言われないはずです。

「仕方がないね」と納得してもらえると思います。

その日は両親が遠方から来ることになってるので、参加できないんです。

こちらは両親バージョンです。

社会人ともなれば、親から離れて一人暮らしをしている人も多いはず。

なかなか会えないご両親が来るともなれば、強制参加もさせられないと思います。

ただし一人暮らしをしているというのが、前提ですよ?

普段から母が~とか、いかにも実家で暮らしていることを話していたら使えないので注意です笑

会社の花見に行きたくないときの断り方についてまとめ

会社の花見の断り方についてご紹介しました。

断ると決めた時は、最初に感謝の気持ちから入る事が大切です。

「ありがとうございます。ですが(その日は前から友達と旅行に行く予定で、宿も予約してるので)今回は欠席させてください。」

とと残念そうに・・・申し訳なさそうに・・・言うのがコツです。

そうするとこで、相手も嫌な気持ちにもならず「仕方がないね」と納得してもらえると思います。

参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク